FC2ブログ

打のとき特練始まりました!

愛知県芸はただいま冬休み。
しかし打研には休みはありません!
冬休みは毎年恒例『打のとき特練』が開催されるのです。

打のとき特練、とは?

2月の演奏会『打のとき』に向けた特別強化練習のこと。『打のとき』は打楽器アンサンブルの演奏会なので、それぞれのグループが入れ替わり立ち代わり、朝から晩まで合わせをしています。

今日は 打楽器4重奏のthe dooms day machineと、県芸3年生の井上陽葉さんに委嘱していただいた4台のマリンバのための「木霊の踊り」の合わせでした。


The dooms day machine の練習風景↓
danotoki+1_convert_20111216000536.jpg



2年生の石堂さんが使っている楽器は、よく見るとなんだかおかしなものをたくさん使っているようですよ?見てみましょう!こちら↓


danotoki+2_convert_20111216000619.jpg

前に4つ並んでいるのは・・・なんと缶カンではありませんか!
そして缶の手前に並んでいるのは、「ブレーキドラム」と言うものだそうな。 
ブレーキドラムとは、車のブレーキ部分に付けられている部品のこと。もちろんもともと楽器ではないため、扱いが大変なのです!手は油で黒くなりますし、何より重くて固い。そのせいでブレーキドラムを打つ木槌はすでにボロボロになってしまったそうで、彼女の周りは木の破片が飛び散っていました・・・。

2つともどんな音がするのか乞うご期待。


こちらは4台のマリンバのための「木霊の踊り」の合わせの様子↓
danotoki+3_convert_20111216000654.jpg

ここには写っていませんが、今日はこの曲の作曲者の井上陽葉さんが来てくださっていました。
お互いに意見をたくさん出し合って、初演のこの曲を最高の形で出せたらいいですね。
ただ私(城田)はこの曲に乗っていないので、今度、乗っている方々に、どんな合わせなのかブログに書いてもらうことにします。誰かレポートしてください^^

さあ、打のとき特練は始まったばかり。どの曲も綿密に面白く!作っていきたいと思います!
これから毎日レポートしていきます!


おまけ
ヒモでくくられた坂本さん



danotoki+5_convert_20111216000724.jpg



城田





スポンサーサイト



しろた | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/12/16 00:57
コメント

管理者のみに表示