FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

芸術祭

お久しぶりです。
西村です。

只今、打楽器研究室の中では芸術祭で着用する衣装作成と演奏会の練習の為、
大変熱く盛り上がっています。

芸術祭とは明後日の11月1日から3日までの三日間に渡り、
県芸内で開催されているものです。

1日には
∥芸祭オペラ∥
・開場10:30 開演11:00
・曲目 ヘンゼルとグレーテル

∥芸祭ブラス∥
・開場15:30 開演16:00
・曲目 華麗なる舞曲、宝島などなど...


2日には
∥芸祭オーケストラ∥
・開場13:00 開演13:30
・曲目 マイスタージンガーなど...


何れにも打研人は参加していますので、
ご都合がよければ愛知県立芸術大学に
是非とも足をお運び下さい。


三日間、『かんだ川』という名の管打楽器専攻生による飲食店もありますので、
そちらでもお待ちしております。
スポンサーサイト
にしむら | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/10/30 19:22

おひさしぶりです!2年山田善久です。

10/22に学内演奏会があり、4年陣内達先輩が出演されました!
まさに圧巻の演奏でした!

スーツがオシャレです。

IMG_4431.jpg



伴奏の日比さんと

IMG_4435.jpg


打研メンバーも一緒に

IMG_4440.jpg




ちなみに僕、山田もSax.金子弘美先輩のバックにドラムスで参加していました!

1235265_504637776299245_691938356_n.jpg

前田画伯の素晴らしいイラスト

IMG_4441.jpg


それでは!

やまだ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/24 01:00

今日はなんの日?

こんにちは!
打研女子2年の野村です。
今日はありふれていてかつ日々かけがえのない打研の日常風景をお伝えします!


まずは先日、サカエリズムのバロックティンパニ試作品?をたたく深町先生と優しく見守るかおる先輩





おちゃめなかおる先輩





そして10月10日木曜日
今日はいったい、何の日でしょうか??

まずはこちらをご覧ください。






あれあれ?
何か気がつきましたか??




実は、今日は 打研ボーダーの日 でした!!
打研12人が全員ボーダーの衣服着用という、楽しく意味のない企画をさせていただきました(笑)
見てくださいこの団結力!(笑)
今日一日でみんなの絆がさらに深まったことでしょう。


室内楽の授業のときに深町先生にも気がついていただきました。
なんとも光栄です。
来年は、先生にもボーダーをともに着用していただきたいなと企んでいます。



そんな打研の日常でした!

以上、野村がおおくりしました!
のむら | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/11 01:06

おつかれさまです!!!

本日、大学にて芸術講座がありました。
元気で可愛い子供たちと楽しく音楽を創り、先生とお兄さんお姉さんたちは少しおつかれのご様子。

先ほど(現在は二次会中?)の打ち上げの模様です。。
P1000424.jpg
疲れてます(嘘。ふざけてます)(笑)
石堂お姉さまによる”焦点を合わせない”レクチャーに始まり…
P1000425.jpg
だんだんテンションが上がってきます…

P1000423.jpg
デデーン!!
P1000427.jpg

来ました!強烈の一枚(爆笑
始まったら止まりません!!三浦は米国の某ゾンビドラマにはまっていますので少々ゾンビチックな仕上がりとなっております。
まじでP1000429

こちらサイドもおふざけの一枚(^^♪…ってアレ?
あ、あのクールで素敵な深町先生まで!!(私たちのために?)白目を剥いてくださいました(笑笑
お付き合いくださりありがとうございます!!



以上、今日はおふざけモードでお送りしました。

浜省大好き三浦でした
みうら | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/07 00:27

中村功先生のマスタークラス、無事終了いたしました!

皆様こんにちは(^^♪
昨夜は
県芸と 芸術創造センター・中部打楽器協会主催の
☆Percussion Masterclass 中村功公開レッスン☆

がございました。
打研からは、私三浦と陣内先輩がレッスンを受けさせていただきました。

陽気でユーモアがありとても気さくな方で本当に楽しい時間でございました。

感銘を受けたのが、曲に対してだけでなく、楽器に対しての中村先生のお考えです。
楽器の歴史や、なぜこの楽器を作者が選んだのか、
どんなサウンドがほしいのかを作曲者の気持ちで考える。
常に演奏をする自分
指揮をする自分
聴衆である自分がいること。


受講者の演奏にのって楽しそうに体を動かす先生を見て、胸が熱くなりました。



レッスン終了後の宴会では、先生の陽気な歌声が響きエキゾチックで素敵な空間となりました。
芸術家としてあるべき姿を目の前で見て、私も自分のやるべきことをまっすぐに貫きたいと思います。

競争からも周りと比較してしまう自分からも解放されて、魂に響く、先生のような演奏者になれる日を夢見て。




P1000412.jpg


最後に、マスタークラスを見に来てくださった方々、励ましのお声をかけてくださった方々、企画運営に携わってくださったすべての方々にお礼を申し上げます!!!

ありがとうございました!!!!


以上三浦でした(^^♪
みうら | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/10/01 15:21
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。